MENU

Saucy Dog(サウシードッグ)が紅白2022に初出場!なぜ?理由は?凄さと評判

『紅白歌合戦』の出場歌手が発表されました。全体的に、若い方が多いですね。初出場は10組います。その1組にあたる”Saucy Dog”「サウシードッグ」。読み方も一瞬???ってなりますね。2013年結成された3ピースバンドです。若者を中心に人気があるようです。紅白に選ばれた理由、凄さなど調べてきました。

目次

Saucy Dog(サウシードッグ)が紅白2022に初出場した事が話題!

まずはメンバー紹介から
 石原 慎也(いしはら しんや)    秋澤 和貴(あきざわ かずき)   せと ゆいか
 ボーカル・ギター           ベース               ドラム・コーラス
 出身地:島根県松江市         出身地:高知県           出身地:奈良県

2013年結成に結成された3ピースバンドです。”3ピースバンド”とは3人からなるバンド。(本来の意味は「人数」ではなく「楽器」の数だそうで、ベース、ギター、ドラム、ボーカルの4人でも、3ピースバンドという

サウシードッグとは『生意気な犬』という意味があり、”スヌーピー”のように生意気ながらも、老若男女問わず幅広く愛されるように”という思いが込められています

紅白歌合戦の会見に出席したサウシードッグ。ボーカル・ギターの石原さんは、”僕のおばあちゃんが、バンドを始めてからこの時期になると『まだ紅白はもうちょっとかな』みたいに毎回、電話をくれるので、ようやくいい報告ができる”と喜び、”何かの縁かもしれないけど、バンドの結成日が11月16日うれしい気持ちでいっぱいです”と語りました。

ドラムのせとゆいかさんは”毎年、実家にいるときは家族で見ていた番組なのでまだ実感がないというか、あのテレビの中に自分がいるんか!って気持ちです。祖父母に恩返しができるなと思っています”と喜んでいました。

紅白歌合戦に出場することは、孫孝行になり、視聴者に名前と歌を覚えていただけるチャンスですから、ぜひ頑張っていただきたいです。

Saucy Dog(サウシードッグ)が紅白2022に初出場はなぜ?理由は?

代表曲『いつか』『シンデレラボーイ』はストリーミング累計再生数2億回を突破。SNSなどから10代20代の若者に話題になりそこから、人気がでるという現代ならではの特徴がありますね。

アルバムに収録されているバラード曲『いつか』。ファンの間では特に人気のある曲で、ボーカルの石原さんの声や歌詞、背景などすべてが良いという声や”失恋した時によく聴いた” ”この部分グッとくる”など歌詞に共感する声が多数ありました。

SNSからの話題性や、昨年初の日本武道館公演を成功させたり、12月28日開幕の”第101回全国高等学校サッカー選手権大会”の応援歌「現在(いま)を生きるのだ。」を担当するなどの活躍ぶりが評価されたのではないかとみています

Saucy Dog(サウシードッグ)の凄さは?

ライブが凄い!という声が多かったです。”生で聞く石原さんの生歌圧倒的” ”鳥肌” ”サウシー最高

メンバーの脱退があり、石原さん1人な時もあったそうです。その時のことについてこう語っています。

”僕は『変化すること』の方が怖いと思うので、メンバーが入れ替わっても「Saucy Dog」というバンド名をそのまま残したんですよね。新たな名前で再出発しなかったのは「お客さんが離れてしまうんじゃないか」という「怖さがあったし、抜けてしまったメンバーに対して負けたくないというか、「見返してやりたい」という気持ちもあったんですよね。バンド名を変えずに続けてきたからこそ今の自分たちがあるし、もしバンド名を変えていたら「今と違う未来」があったのかもしれないとも思います”

今のこの3人でずっと続けていってほしいですね。

Saucy Dog(サウシードッグ)の評判は?

ファンの間では”サウシー”と呼ばれています。魅力はハイトーンボイスの石原さん×日常感。恋愛ソングが多く、歌詞に共感するファンが多いようです。メッセージ性が強いものは心に刺さるものがあり、人気につながりますよね。

これを機に聴いていただけるかたが、多くあらわれるといいなと思います。

まとめ

いかがでしたか。今回は紅白歌合戦に初出場が決定した、3ピースバンド『Saucy Dog』の凄さや評判について調べました。突き刺さる歌詞と歌声、紅白では何を歌うのか今から楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次