MENU

森保一監督の実力がある3つの理由!人柄・性格・収入の情報も!【カタールワールドカップ2022】 

カタールワールドカップ2022が11月20日に開幕しました。日本代表は23日、同じくEグループのドイツと初戦を戦います。日本代表を率いるのが、森保一監督です。静岡県掛川市生まれ、長崎県長崎市育ちで、森保監督自身も日本代表経験者です。

森保監督とは、一体どのような人物なのでしょうか?今回は日本代表森保一監督の実力がある3つの理由と題して、現役時代の経験、人柄・性格、勉強熱心な姿勢、収入について調査してみました! 

↓は森保監督の現役時代のプレー映像です。選手としてもなかなかの選手だった事がわかりますね!




目次

森保一監督の現役時代の経験(理由①) 

森保監督は現役時代、広島の中心選手として活躍しました。京都、仙台時代には主将を務めています。日本代表ではオフト監督に見出され35試合に出場し、94年アメリカW杯予選では「ドーハの悲劇」を経験している1人です。2003年に現役を引退しました。

07年に行われた「FIFA U-20W杯カナダ2007」の日本代表チームのコーチを経て、サンフレッチェ広島トップチームのコーチに就任します。12年サンフレッチェ広島の監督に就任しました。就任1年目にチームを初優勝に導き、4年間で3度の年間チャンピオンを経験しています。

17年10月、東京五輪日本代表監督に就任。今回のワールドカップでは人として初の大会ベスト8入りを目指しています。現役時代に主将を任されていたこともあり、統率力には定評がありそうですね!選手からの信頼も厚そうです!

森保一監督の人柄・性格(理由②) 

森保監督の性格は、超がつくぐらいの真面目な性格のようです。それは、日本代表監督就任会見でもファンやサポーターだけでなく、スポンサーの名前まで出して感謝の言葉を述べるほどです。

誠実な姿勢は、現役時代から変わっていないようです。森保監督の現役時代は、Jリーグバブル真っただ中です。高級外車を乗り回しクラブで大騒ぎするJリーガーは山ほどいたようです。しかし森保監督はストイックに競技に打ち込み、他人に対しては謙虚で常に低姿勢を貫いたそうです。

スタッフだけでなく社員や裏方の人に対しても、自分から声をかけて挨拶をしていたとか。そんな人柄・性格は監督業の方でも活きており、選手の気持ちになり話があるなら徹底して聞く側に回るようです。そんな人柄を持つ森保監督だからこそ、選手たちも監督の気持ちに応えたい!という気持ちが強く働くのでしょう。

選手やサポーターからも愛される理由が分かりましたね!日本代表も森保監督と選手との熱い信頼関係で成り立っているようです。

森保一監督は勉強熱心(理由③) 

よく代表戦をテレビで見ていると、森保監督が仕切りにメモを取っている姿が映し出されます。監督によるとその内容は選手のプレー内容を記録しているとのこと。福田氏を例に挙げ「福田シュートを打った、サイドからの攻撃」という、プレーの流れを書いているようです。

「コーチとハーフタイムの時にロッカーに入る前に話をする」とし、「ポイントを言ってもらい、メモと一致していることは、チームに伝えた方が良いので選手に伝える」と語りました。勉強熱心な姿勢が表れているエピソードですね。

長崎日大高時代の監督でサッカースクール長崎FC(諫早市)の下田規貴代表(71)は「『良いプレーヤーの前に良い人間であれ』という理念で育ててもらい、ひときわ勉強熱心になった。」と語っています。

熱心な勉強家ですが、それを自慢することもないそうです。自分の考えを簡単に曲げない頑固さはあるものの、監督であれば自己の信念を簡単に捨てるわけにはいかないので、そういう意味では監督としての重要な資質のひとつはしっかりと備えているといえます。

森保一監督の収入は? 

森保監督の収入についても調査してみました。情報によると、ズバリ年俸は1億5000万円だそうです!契約期間は2年間ですが、4年後のワールドカップも視野に入れ長期政権を考えているらしいので、非常に期待されている事がわかります。

ちなみに歴代監督と比較すると、ブラジルW杯を率いたザッケローニ氏が最も高い2億8千万円ロシアW杯前に解任されたハリルホジッチ氏が2億6千万円だそうです。前任者の西野朗さんは1億2千万円外国人監督と日本人監督との間には倍くらいの開きがあるようです。

年俸だけ見ると、待遇はあまり良くないように感じるかも知れませんが、ワールドカップでは日本人監督の方が良い成績を収めているという傾向もあるので、森保監督にはこの年俸額以上の活躍が期待したいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、日本代表森保一監督の実力がある3つの理由について、現役時代の経験、人柄・性格、勉強熱心な姿勢、収入について調査してみました。

調べれば調べるほど、真面目で誠実な人柄が伝わり、日本代表に相応しい監督である事がわかりました。日本代表が属するグループEは突破が容易な訳ではありませんが、森保監督をはじめ、チームが持ち味を発揮し、決勝トーナメントを目指して一丸となって戦ってほしいと思います!



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次