MENU

LiSA(リサ)の一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)の意味は?発売日と予約・購入情報も!【テレビ朝日テーマ・オープニング/カタールワールドカップ2022】


今回は「紅蓮華」のヒットで知られるLiSAさんについてです。LiSAさんといえば、高音でパワフルな歌声!
アニメソングの歌手として活躍してきましたが、実際やりたい音楽とはほど遠く、そこにはいろんな葛藤が
あったと過去に語っています。


6月にカタールワールドカップのテーマソングに選ばれた「一斉ノ喝采」について調べました。

目次

LiSA(リサ)のプロフィールがこちら!

LiSA(リサ)
本名:織部 里沙(おりべ りさ)
出身地:岐阜県関市
生年月日:1987年6月24日
職業:歌手


幼少期、人見知りを克服させようと、母親が地元のミュージカル教室に通わせていました。そのことがきっかけで歌うことが好きになり高校卒業後、ポップパンクバンド「CHUCKY」を結成


2010年、アニメ「Angel Beats!」の作中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイ役の歌唱パートを担当します。これがメジャーデビューです。


2011年4月、ミニアルバム「Letters to U」をLiSA名義でデビュー、11月にファーストシングル「oath sign」を発売。その後は、アニメやゲームなどのタイアップ曲として、CDを発売していきます。


2019年4月、転機が訪れます。アニメ「鬼滅の刃」がブームになり、その主題歌「紅蓮華」が大ヒット!一気に知名度を上げます。聞かない日はなかったってくらい、どこかしらで流れていましたね。


「炎(ほむら)」「明け星」「白銀」など鬼滅の主題歌、エンディングを担当しています。鬼滅といえばLiSAさんというイメージがつきましたね。

2020年には声優の鈴木達夫さんと結婚されています。

LiSA(リサ)の一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)の意味は?

「一斉ノ喝采」は自身の書き下ろしで、意味は調べても出てこなかったので、LiSAさんの曲に対する意気込み、
熱い想いを調べました。


【意味を求めて走ってきたけれど いつもそれは足跡だった 一度きりだろう 一度きりなんだろう 迷わず蹴り飛ばせよ】というフレーズは、駆け抜けてきたアーティストというフィールドに懸ける“情熱”、大会に出場する
選手全員の“挑戦”が重なり合い強い想いが伝わります。

LiSAさんのコメントです。

「何年後かはわからないですが、「一斉ノ喝采」を制作した時、ワールドカップの選手やABEMAの皆さんが挑戦していく姿に対して、私自身が挑戦して生きていく姿に重ねながら書いていきました

現在までコロナ禍から抜けられていない状態にあり、ライブの中でお客さんが声を出せないなど、元通りになっていくのはすごく時間がかかると思っています。

この数年で、大変な思いをした方も多くいらっしゃると思いますが、その中でも昨日をはみ出して乗り越えた先に、皆さんでいつかまた一斉ノ喝采ができる日が訪れることを願って作りました。

まずは一番近い未来で、皆さんと一緒に声を出して喝采し合えるような日が来ることを願ってこの曲を歌い
たいと思います。

並々ならぬ思いがあるようです。

LiSA(リサ)の一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)の発売日は?

「一斉ノ喝采」はシングルではなく11月16日に発売されるアルバム「LANDER」に収録されます。


新しい惑星をコンセプトに、ヒット曲「炎」をはじめ、「dawn」「HADASHi NO STEP」「明け星」「白銀」「シフクノトキ」「一斉ノ喝采」を含む全14曲収録されています。すごく豪華ですね。

LiSA(リサ)の一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)の予約・購入情報がこちら!

完全数量生産限定盤(CD+GOODS) ¥9,350(税込)

初回生産限定盤A(CD+BD+PHOTOBOOK) ¥5,720(税込)

初回生産限定盤B(CD+DVD+PHOTOBOOK) ¥5,720(税込)

通常盤  ¥3,300(税込)

今回のアルバムは4種類あります。サイトによって特典も違います。主なところだけですが、まとめてみました。

amazon → メガジャケット
楽天ブックス → アクリルコースター
セブンネット → ミニスマホスタンドキーホルダー
タワーレコード → A5クリアファイル
HMV → A4クリアファイル


どこで予約するか迷いますね。

まとめ

いかがでしたか。今回LiSAさんの新曲(アルバム)について調べてみました。
一斉ノ喝采に懸ける思いも分かりましたし、11月のアルバム発売が待ち遠しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次