MENU

ルイス・エンリケ監督の若い頃!娘の情報や年齢・年俸も!【スペイン代表監督/カタールワールドカップ2022】

11月20日にカタールワールドカップ2022が開幕します。先日、日本代表のメンバー26名が発表されました!選手たちの活躍を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

日本はグループリーグのE組に分けられ、予選では同じくE組のドイツスペインコスタリカと対戦します。中でもスペインは「無敵艦隊」の愛称として知られ、日本代表を脅かす存在です。スペインを率いるルイス・エンリケ監督は、現役時代からそのスキルと経験を高く評価されており、名将と呼ばれる監督の一人です。

今回はスペイン代表ルイス・エンリケ監督の若い頃や、娘に関する情報、年齢・年俸について調査してみました!

↓は若い頃のルイス・エンリケ監督の映像です。なかなかのものですね。



目次

ルイス・エンリケ監督の若い頃がこちら!

ルイス・エンリケことルイス・エンリケ・マルティネス・ガルシアは、スペイン・ヒホンの出身です。現役時代は主にミッドフィールダーとして活躍し、レアル・マドリードFCバルセロナでプレーしました。

禁断の移籍によりレアルバルセロナ両方で活躍した数少ない選手の1人で、ウイングやサイドハーフとして3度のリーグ制覇などを経験し、34歳の若さで現役を引退しました。

写真は現役時代のものです。レアル・マドリードバルセロナファンの中には、ご存知の方も多いのではないのでしょうか。

ルイス・エンリケ監督の年齢・年俸は?

ルイス・エンリケ監督は1970年5月8日生まれで、現在は52歳です。代表の監督としては至って平均的な年齢だと思われます。

気になるエンリケ監督の年俸を調べてみました!ポータルサイト『Finance Football』によるとエンリケ監督の年俸はおよそ115万ユーロ(約1億7000万円)と言われています。「意外と少ない?」と思われた方もいらっしゃるでしょうか?

ちなみに日本代表森保一監督の年俸は105万ユーロ(約1億5000万円)と言われています。強豪国の監督と比較しても大きな差はないようです。

ルイス・エンリケ監督の娘に関する情報!

エンリケ監督には9歳になるシャナさんという娘さんがいたようですが、2019年8月にガンで亡くなったことを明かしました。彼は、「僕らの娘が今日の午後、5カ月間の壮絶な闘病の末に骨肉腫により9歳で亡くなりました」と報告しました。

「この数カ月にいただいた愛をありがたく思います。配慮と理解に感謝しています。また、病院のスタッフの献身と手当にも感謝しています」「とても恋しく思うけど、未来にまた会えること願って、僕らの人生でいつもきみのことを思い出すよ。きみは僕ら家族を導く星になるんだ」と語っています。

エンリケ監督は2年契約でスペイン代表の監督に就任し、7試合で指揮を執っていましたが、「個人的な理由」でチームを離脱していました2019年6月19日にはスペインサッカー連盟を通じて辞任を発表していたようです。悲しい時期を乗り越え、11月19日にスペイン代表監督に再任しました。

自身の娘を失ってもなお監督として指揮をとり続ける姿に感動しました。選手たちも監督の想いを受け取って懸命にプレーしてくれるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はスペイン代表ルイス・エンリケ監督の若い頃や年齢・年俸、娘に関する情報などを調査しました。今回の調査で、彼を応援したくなった方も多いのではないでしょうか。

カタールワールドカップ開幕まで残り僅かとなってきました。日本代表の活躍を期待すると同時に、ルイス・エンリケ監督の手腕にも注目してみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次